京つう

  日記/くらし/一般  |  洛南

新規登録ログインヘルプ



2012年02月19日

第23回全国車いす駅伝競走大会

第23回全国車いす駅伝競走大会

2月19日 日曜日 京都市で開催しました。

  


Posted by わんだふる  at 23:55Comments(0)イベント

2012年02月11日

京都のバリアフリー観光の勧め。

ご高齢者や車椅子などの障害者等の方々の生活の質の向上を支援して、より豊かな社会生活を送って頂きたいと考えております。
ある車椅子の方が、こう申しておられました。こんな体で無ければ行きたい所が山ほどあるのにと。TVを見て楽しむほか無いと、こう申しておられました。
こういった方々のご要望にお応え出来るだけの土壌が整っていれば、それこそ気軽にいつでも行きたいところに、行きたい時にいけると思います。
こういったご要望は、潜在需要として計り知れない位多い事と思います。
是非、世界有数の観光地京都の魅力を満喫して頂きたいと思います。

宇治市の 平等院 鳳凰堂の様子。


ご覧の通り、砂地や砂利道専用の車椅子が完備されており無料で希望者に貸し出しをしております。私自身もご利用者の方々も、当日に受付の案内でこういう物が在る事を知りました。
皆が驚き、こんな便利なものが在るのかと口々に申しておりました。
この他にも、金閣寺にもある事を知りました。こういった様に、まだまだ情報の発信が不十分で、私も含め知らない方々が多いと思います。

このコース概要 1日目 首都圏‐JR京都駅‐福祉輸送業者‐宇治市のお友達宅‐対応宿泊施設 

          2日目 宿泊施設‐平等院観光‐指定のお土産店‐指定の飲食店‐JR京都駅帰路へ

清水寺



この様に、バリアフリーになっており一巡出来るようになっております。
主要な観光地や施設などは、バリアフリー対応の整備が整っており観光しやすい配慮が整っているようです。
ご利用者が容易に旅行や観光が出来る環境、それと同時にいろんな情報が容易に入手できることが、潜在的な需要を呼び起こし、ご利用の促進に繋がると思います。

段差等、解消の参考事例。


福祉機器やバリアフリー建材などを利用して、手軽に比較的安価で初期投資できる物も御座います。
バリアフリー化となると、大掛かりで投資額も多く掛かるという固定観念を取り払い、
各観光・宿泊施設や飲食店などの範疇で、出来る事から始めて見ては如何でしょうか。


豊かな社会生活は、精神的な気力を生み出しますし、肉体的にも抵抗力が増すことも
ある事と存じます。高齢者や特定高齢者等の方々におかれては、観光散策する事により足腰の筋力低下を防ぐこともあろうかと思います。
ご利用者の方々の生活の質の向上に貢献をして、京都の魅力を満喫して頂きたいと切に願います。


京都のバリアフリー観光・旅行
http://www.facebook.com/wonderfulcare  


Posted by わんだふる  at 21:54Comments(1)バリアフリー観光